ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
今月の遊び
今月の遊び 絵本で遊ぼう
 おもちゃで遊んでいるときに、絵本のせりふが子どもの口からぽろり。そんな光景をよく見かけますね。新コーナー「今月の遊び」では、遊べる絵本とその遊びのポイントをご紹介していきます。ぜひ、お子様との遊びにお役立て下さい。
そして、このおもちゃ作りと遊びを実際に体験したい!! と言う方は、3/10(木)の「友・遊サロン」にぜひ、お申し込み下さい。参加費は、無料です。お申込はこちら>>

今月のあそび絵本 「がたんごとん がたんごとん」

がたんごとん がたんごとん

「がたんごとん がたんごとん」と電車がくると、そこに哺乳びんやバナナなどのお客さんが乗って、出発!!」 繰り返しの言葉と、赤ちゃんにもなじみのあるものが登場するので、小さな赤ちゃんから楽しめる絵本として、よくすすめられていますね。

今月の遊び
絵本の中の遊びを取り入れるときに、絵本を読むのが先か、それとも遊んであげるのが先か悩む人が多いようですが、基本的にはどちらからでもOK。でも、絵本を読んであげた後に、遊びへとつなげたほうが流れがスムースなことが多いようです。

さて、遊びに使う電車ですが、家にある空き箱をそのまま使ってもOKですが、できれば、牛乳パックなどを使って、ママやパパがちょっと手を加えたお手製の電車を作ってあげましょう。1歳前後になれば、フエルトペンなど柔らかいペンでのお絵描き(落書き)も楽しめますので、車体に描かせてあげたり、シールを貼ってもいいでしょう。

子どもが手で押して遊べるサイズも楽しいですが、もっとビッグな遊びもオススメ。用意するものは、子どもが入れるくらいの大きなダンボール。とくに、手を加えなくても、ダンボールの中に、入れてあげるだけで、子どもたちはお大喜びです。
(大きなダンボールがもし手に入ったら、コレはとっておくべき。子どもは、狭いところに入って遊ぶのが大好きですから・・・)。運転手さんや車掌さんになったり、お人形さんもつれて、お客さんになったりと、とにかく遊びがどんどん広がります。ママやパパも「いっしょに、のって!!」と、せがむ子もいるでしょう。そんな時には、ぜひ、いっしょに乗ってあげてくださいね。

そのほか、オススメの素材は、ママやパパの靴箱。手頃なサイズで丈夫です。

遊びのポイント
自分で次から次へと、電車にものをのせられる子、やってみようと声をかけてもちっとものってこない子と、子どもたちの反応は十人十色。もしも、子どもが遊びにのってこないときには、まずはママやパパが楽しそうにやってみましょう。子どもはのってくると何でも電車にのせたがりますから、壊れ物などはあらかじめ片づけておくように。

ちょっとした遊びですが、子どもたちは遊びの中で、「ものを作る楽しさ」、「お話の世界を楽しみながら創造する力」を養っていきます。

がたんごとん がたんごとん 「がたんごとん がたんごとん」
安西水丸/作 福音館書店 700円


今月の遊び



バックナンバー一覧
About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.