ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
子どもを産むと、女は変わる?


息子の通う保育園でも、インフルエンザがはやってきましたが、皆さんの家は、大丈夫ですか? 部屋の中が乾燥していると、風邪菌が猛威をふるうそうですので、日中乾ききらなかった洗濯物を部屋の中につるしたり、元気だったら夜のうちに洗濯して、部屋の中に干しておけば、一石二鳥です。

インフルエンザと言うと、なんだか「冬」のイメージですけど、植物たちはもう春の風を感じ、冬芽を膨らませているようです。子どもが生まれるまでは、冬芽になんぞ、目を向けたことがなかったのですが、子どもを産んでからは植物の冬芽が「気になる存在」になってしまいました。少しずつ膨らんでいくあの感じと、花が咲いた時の感動、何かに似ているんです。何かに・・・。

「子どもを産むと、女性は変わる」と言われますが、私はそんな言葉なんて「クソ食らえ」と思っていたんです。でも、やっぱり変わったところも多少はあるようですね(笑)。

冬芽のかわいさに気づかせてくれたのは、子ども。イヌのうんちがどのくらい経つと、干からび、分解されていくのかを教えてくれたのも子どもでした。きれいなものばかりだといいんですが、そうもいかないのが現実。でも、ゆっくり、のんびり、子どものペースに合わせて歩くって、実は「贅沢な時間」なのかもしれませんね。だって、家にいたらゆっくりイスに座ることすらできないのが母親ですから。

私は、学生時代、生物が大の苦手でいつも赤点でしたが、息子のおかげで、30過ぎてからずいぶんと詳しくなりました。今なら、通知表に「4」くらいならもらえそうです。

自分の「好き」を大事にする時間も正直欲しいですが、今の子どもたち、小学校3年生になると、塾やスイミングなどのお稽古事がいっぱいで、親となんかちっとも遊んでくれませんので、小っちゃいときくらい、「子どもの好き」に、どっぷり浸かってみてください。意外と楽しいものですよ。何事も、楽しまないとソンですからね。

*この季節、毎日眺める木は「ミモザ」と「もくれん」や「こぶし」。
 「ミモザ」の黄色いふわふわの花がいつ咲くか、今年もワクワクしながら眺めています。 
 やっぱりカメラつきの携帯買おうかな?

ユウchan編集長 棒田明子
E-mail: yuchan-info@yuchan.net


About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.