ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
絵本
絵本・本
▲ 絵本のトップへ
ユウchan books リレー
バトンを受け取った人が、感動した本、大好きな本を紹介し、次の人にバトンを渡す新連載、ユウchan books リレー。 どんな人が、どんな本を紹介してくれるのか。そして、そのバトンは誰に渡されるか?今月は、与那国一超ハッスルママ、田島美保さんの登場です。

※このコーナーは、人気女性サイト「forwoman」からバトンを引き継ぎ、ユウchanで連載することになりました。
  forwomanバックナンバーへ>>
私のおすすめの一冊
東盛 朝子 さん 【Profile】
大阪から与那国島人の父ちゃんに嫁いで はや11年。
2人のDNAをしっかりと引き継いだ個性豊かな3人の子ども(長女10歳・長男8歳・次女4歳)に恵まれ、毎日 笑いと苦悩の日々(笑)を送っています。

朝子さんの紹介どおり、大阪弁バリバリの私は、ちょっと どぎつい言葉に大きな声。 “素敵で優しいお母さん”とはかけ離れた“大阪のおばはん”そのもの。島では ちょっと問題ありの母親だと思います。

仲良しのお母さん方は、友達であり、良きアドバイザー。
毎日、楽しく・力強く生活をしていけるのは皆様のおかげだと日々、感謝しております。

週に1度の読み聞かせは、島の子ども達と過ごす楽しい時間。
私のキャラクターにあった楽しい本を選ぶようにしています。

100万回生きたねこ 佐野 洋子/作

大好きな絵本や児童書は沢山ありますが、その中でも“私の永遠の1冊”は 【100万回生きたねこ】です。

あまりにも有名な絵本なので、このブックリレーに選んでよいものか悩みましたが、私の“永遠の1冊”である この本を外す事が出来ずに選ばさせて頂きました。

私がこの本に出会ったのは 高校生の頃。
本屋で立ち読みをしているにも関わらず、涙が溢れ出てきて慌てた事を想い出します。

その時に購入した本は、何度も読み返され、嫁入り道具の1つとなり、3人の子ども にも愛され、ボロボロになってなお今も健在です。

100万回生きたねこ
「100万回生きたねこ」
 佐野 洋子/作
 講談社
 1,470円(税込)
購入する
ブックサービスで購入する
長女が幼稚園の頃、読み聞かせをした時も やっぱり涙がポロポロ流れだし、子ども達が 「どうして泣いているの?お腹が痛いの?」と心配をしてくれたちょっぴり恥ずかしい想い出も加わりました(笑)

星の王子様がキツネから教えてもらった言葉 【大切な事は目に見えない】。 この本は まさに“目に見えない大切な事”をわかりやすく、美しく表現した本だと私は思います。

若い頃は大切な人へのプレゼントとして選んでいました。
長女と次女がお年頃になったら・・。長男にはお嫁さんをもらうときに母からプレゼントしようと心に決めている1冊でもあります。

こんなときに、こんな本
おまえうまそうだな
おまえうまそうだな
宮西達也/作・絵 ポプラ社 1,260円(税込)
広い荒野で独りぼっちで産まれた 草食恐竜のアンキロサウルスの赤ちゃん。
そこに肉食恐竜のティラノサウルスがよだれをタラタラ流して現れます。 「あっ!食べられちゃう!!」 お話を聞いている子ども達はグググッと身を乗り出します。でも大丈夫(笑)。 ひょんな事から、アンキロサウルスのお父さんになってしまい、ちょっぴり複雑な心境と一生懸命なティラノサウルスにお父さんと信じ、愛してやまないアンキロサウルスの赤ちゃんの関係は最高です。また、ラストにはちょっぴりせつないスパイスがきいてホロリとしてしまうのがたまりません。お父さんでも読み聞かせしやすい1冊だと思います。
購入する
ブックサービスで購入する

だめだめネコはこまったゾウ
だめだめネコはこまったゾウ
はらだゆうこ/作・絵  旺文社 1,300円(税込)
みんなで楽しくダンスをしていると、ネコが意地悪を言い出します。最初はみんなもつられてネコの意地悪に賛同しますが、気が付けばネコはひとりぼっち・・・。

子どもって、お友達のこと大好きなんだけど ついつい意地悪しちゃうんだよね。ちょっとした事で仲間はずれにしちゃうんだよね・・・。子ども達には日常茶飯事にある“ついつい意地悪”とその気持を可愛い絵とシンプルな文章で書いた理屈抜きで楽しめる絵本です。英文も書かれていますので、どうぞチャレンジして読んであげてください。
購入する
ブックサービスで購入する
ユウchan books リレー next person
nextperson 田頭ファミリー

図書館のない島で 沢山の子ども達と大人が本にふれあえるようにと、自宅で【おはなし館】を運営され、読み聞かせボランティアのリーダーでもある田頭ファミリー。

優しく 素敵なボイスで島の昔話を方言で読み聞かせするお父様の政英さん。
子ども達に優しく話しかけながら読み聞かせをするお母様の恵子さん。
明るくて元気一杯の瑠都(るつ)お姉ちゃん。

優しい・明るい・笑顔が素敵の三拍子そろった田頭ファミリーは愛情一杯。側にいるだけで【ほんわか幸せ】をお裾分けしてもらっている感じになります。

今回はお一人一冊ずつ本を紹介されるそうです。どんな本を紹介されるのか、私もワクワクしています。


バックナンバー一覧

About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2006 Jiscsoft Co. & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.