ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
絵本
絵本・本
子どものための 絵本の選び方 ▲ 絵本のトップへ
 絵本は、子どもに読んであげるものです。子どもはお話を聞きながら、心ゆくまで絵を見ます。また、繰り返し読んでもらううちに、イメージが形成されていきます。
どんな絵本を選ぶかも大切ですが、まず子どもに読んであげる時間を確保することが先決。
そして、読む人の好きな絵本を選ぶことも大切です。なぜなら好きな絵本は、読み聞かせの時間を楽しくしてくれますから。とはいえ、子どもにもそれぞれ好みがありますから、身近に図書館があったら、まずいろいろな絵本を借りてみるのもいいでしょう。子どもが繰り返し「読んで」と言う本があれば買う、というのがいいと思います。迷うときは、ロングセラーを選ぶのもひとつの手。時代のふるいにかけられ、生き残ってきた絵本には、それだけの魅力があります。
子どものための絵本の選び方
まごころ込めて作られたものを
文や絵を書いた人の名前が書かれていない絵本、製本が粗雑な絵本はさけましょう。幼い時こそ、まごごろこめて作られたものに触れられるように。

絵本の世界を楽しめるもの、ワクワクできるもの
絵本の世界を楽しめること、わくわくできること、がなによりです。しつけや教えこみの意図があれば、子どもは見抜いてしまい、楽しめません。

おもしろいと感じることを大切に
対象年齢が裏表紙や帯に書かれているものもありますが、あまりとらわれないで、おもしろいと感じることを大切にしましょう。ハッピーエンドであることも肝腎です。

ストーリーだけでなく、「絵」選びも慎重に
絵を追うだけでもストーリーがあらかたわかるのが、絵本の絵に大切な要素です。
子どもは、絵を驚くほど細部まで見ます。うわべだけ甘くかわいらしい絵、文と食い違う絵は、子どもの信頼を得るのが難しいものです。キャラクター絵本に子どもはひかれがちですが、テレビと絵本は性格が違うので、慎重に。

心地よいリズムの文章のものを
日本語のリズムを踏まえて作られた、耳に心地よい文がよいでしょう。声に出して読んでみると、いいかもしれません。すぐれた絵本は、子どもが理解できることばを選びぬいて使っています。翻訳絵本の場合も同じです。またほんの少し、耳新しいことばが混じるのも、子どもにとって楽しい体験となります。
協力:安曇野ちひろ美術館


バックナンバー一覧
About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.