ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
絵本
絵本・本
雨の絵本
※本の並びは対象年齢の低いものから高いものになっています。

>>本の購入方法 ※stepについて
あめふり
step1
あめふり >>詳細を見る
まつい のりこ/作・絵
偕成社 525円(税込)
雨が降ってきました。動物や虫たちは、どうするのかな? 最後の1ページ以外は文字のない、初めての絵本にピッタリの絵本です。
購入する ブックサービスで購入する
かさ かしてあげる
step2
かさ かしてあげる >>詳細を見る
こいで やすこ/作
福音館書店 781円(税込)
かさを持っていないなっちゃんに、動物たちが「かさかしてあげる」とかさを持ってきてくれます。それは、どんなかさでしょう?
購入する ブックサービスで購入する
あめのひのピクニック
step3
あめのひのピクニック >>詳細を見る
ガブリエル・バンサン/文・絵
BL出版 1,365円(税込)
せっかく、ピクニックの用意をしたのに、今日は雨。普通なら、ピクニックは取りやめですが、アーネストおじさんと、小さなセレスティーヌは、雨のピクニックに出発!
購入する ブックサービスで購入する
あめふり
step4
あめふり >>詳細を見る
さとう わきこ/作・絵
福音館書店 824円(税込)
子どもにも大人にも大人気の「ばばばあちゃん」が、大雨を降らせている雷たちを退治するお話です。

購入する ブックサービスで購入する
ほかにもおすすめ 雨の絵本

かささしてあげるね
かささしてあげるね こどものとも012
はせがわ せつこ/文 にしまき かやこ/絵 福音館書店 600円(税込)
ぞうさんの背中に降る雨は、「ピッチャン パッチャン」、ありさんだったら「ピピ ポポ ピピ ポポ」。男の子は、出会った動物たちに「かさをさしてあげるね」と言って、かさをさしてあげます。繰り返しの言葉と、楽しい雨の楽しい音に、子どもたちは何度も何度も「よんで!」と持ってきます。小さな赤ちゃんから楽しめる、単純だけど、心温まる1冊です。
購入する ブックサービスで購入する

コッコさんとあめふり
コッコさんとあめふり
片山 健/作・絵 福音館書店 781円(税込)
子どもたちの大好きな「コッコ」さんシリーズ。雨の日が続いたので、コッコさんはてるてる坊主を作ってみたのですが、次の日も雨。手紙を書いたり、宝物を入れてみたりと、いろいろ試してみるのですが、やっぱり雨。雨ばかり続くと、大人も子どもも参ってしまいますが、コッコサンのようにいろいろな方法を試してみると、楽しめるかも。絵本の最後は、コッコサンの願いが叶って、晴れに。さて、てるてるぼうずにどんなことをしたのでしょうか?
購入する ブックサービスで購入する

ちいさいモモちゃん3 あめこんこん
復刻版 ちいさいモモちゃん3 あめこんこん
松谷 みよ子/文 中谷 千代子/絵 講談社 1,050円(税込)
新しいかさとながぐつを買ってもらったモモちゃん。真新しいかさをさして雨降りごっこをしていたら、お友だちがやってきましたよ。そして、とうとう雨も降ってきました。
詳細を見る 購入する ブックサービスで購入する

雨、あめ
雨、あめ
ピーター・スピアー/作 評論社 1,470円(税込)
カッパにレインハット、ながぐつ、カサ。これさえあれば、雨の日だってへっちゃら。雨の日の子どもたちの大冒険の始まりです。文字のない絵本ですので、小さな赤ちゃんから楽しめます。
詳細を見る 購入する ブックサービスで購入する

すてきなあまやどり
すてきなあまやどり
バレリー・ゴルバチョフ/作・絵 なかがわちひろ/訳 徳間書店 1,680円(税込)
大きな木の下で、雨やどりをしたはずのブタくんですが、なぜかびしょぬれ。その理由は、ねずみが1匹、ハリネズミが2匹…、ゾウが10匹もいっしょに雨宿りしたから? ほのぼのとた絵と、ストーリーのおもしろさ、数も楽しめるこのお話に子どもたちも、ニッコリ。
購入する ブックサービスで購入する

あめのひ きのこは…
あめのひ きのこは…
ミラ・ギンズバーク /再話 ホセ・アルエーゴ エイリアン・デューイ /絵
くりやがわ けいこ /訳 童心社 1,470円(税込)
ちいさなちいさなキノコのかさに、いろいろな動物たちが雨やどり。
きのこの不思議、わかるかな?
詳細を見る 購入する ブックサービスで購入する

あめが ふるとき ちょうちょうは どこへ
あめが ふるとき ちょうちょうは どこへ
M・ゲアリック/文 L・ワイスガード/絵 岡部うた子/訳作 金の星社 円(税込)
羽が濡れたら、ちょうちょは飛べないはずなのに。
雨の日、ちょうちょはどこへ行くのでしょう?
詳細を見る 購入する ブックサービスで購入する

あめのひ
あめのひ
ユリ−・シュルヴィッツ/作・画 矢川澄子/訳 福音館書店 1,260円(税込)
ひとりの少女が、部屋の窓から雨の様子を静かに眺めます。街に、山に、そして池にも雨が降る。そして、その雨は、川を流れ、海へそして、天に届く。ゆっくりと静かに流れる時間。作者の代表作「よあけ」とともに大人にもおすすめの1冊です。

あめふりくまのこ
あめふりくまのこ 雨の日の詩
こわせ・たまみ/編 矢合直彦/絵 あすなろ書房 1,470円(税込)
お母さんと子どものための詩の絵本。雨をテーマに書かれた詩が11載っています。子どもたちの大好きな歌「あめふりくまのこ」のほか、雨の日に窓ガラスに落書きをした詩、長ぐつやかさ、カタツムリの話など。雨の日に読んでみると幸せな気持ちになる詩ばかりです。
購入する ブックサービスで購入する

あらしのよるに
あらしのよるに
木村裕一/作 あべ弘士/絵 講談社 1,050円(税込)
大人も子ども楽しめるハラハラドキドキ、そして感動のお話の第1巻。のあらしの夜に、雨宿りに小屋に入ったやぎとおおかみ。小屋の中は、暗くて、相手の姿は見えません。暗い小屋の中での2匹のやりとりは、思わず「クスッ」と笑ってしまいます。全6巻、ぜひ、読んでみて下さい。
購入する ブックサービスで購入する

About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.