ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
インタビュー
 
絵本・本

インタビュー

▲ 絵本のトップへ
はじめに
 
絵本作家 島田ゆかさん
ユウchan編集部様

>>絵本作家になる前は、パッケージデザインなどを手がけられていたそうですが、いつ頃から、絵本を描きたいとお思いになられたのですか?

絵本を描きたいと思ったのは、パッケージデザインの仕事を辞めて、都内の大きな書店でアルバイトをしていた時です。私の働いていたレジは、ちょうど児童書コーナーの隣だったため、お客さんによく児童書に関する質問を受けました。その頃は児童書の事を何も知らなかったので、売れ筋ぐらいは知っておこうと売り場の本を色々見ているうちに、絵本に興味を持つようになり、自分でも描きたいと思うようになりました。23歳くらいの時でしょうか。


>>日本で絵本作家を養成する塾に通われていたと伺ったことがありますが、それは、お仕事をされながらですか?

塾は夜7時からだったので、仕事が終わってから通っていました。塾に通われていた方は、皆さんそうだったと思います。その塾に通い始める前には「童話の書き方」という講座を受講したこともあります。この講座は昼間だったので、講座のある日には仕事を数時間抜ける、という条件を認めてくれるアルバイト先を探しました。


プロフィール

カナダ オンタリオ州在住。

東京デザイン専門学校
グラフィックデザイン科卒業。

パッケージデザインなどを経てフリーに。

バムとケロ >> どんな時に、バムとケロのお話を思いついたのですか?  また、1作目「バムとケロのにちようび」のお話は、2作目「バムとケロの空のたび」 に 続く話のように思うのですが、初めから、2冊の構想だったのでしょうか? (そういえば、ガラコも、バムとケロのにちようびから登場してましたね)

どんな時に思いついたかは、あまりよく覚えていません。多分、絵本を書こうと思った時に、一番身近にある物を題材に選んだのだと思います。つまり“自分”です。自分の性格や体験、思い出などをもとに思いついたお話だと思います。

「バムとケロのにちようび」と「バムとケロのそらのたび」は、両方とも基本となる話は塾に通っていた時に作ったのですが、とくに続きものとして作ったわけではありません。これもあまりよく覚えていないのですが、おそらく「バムとケロそらのたび」の方が先に作った話だったと思います。その時の主人公はバムではなく、別の犬のキャラクターでした。


>> 島田さんの絵本には、お話のほかにも バックで描かれている部屋や、お店、友だちなどの中に、秘密がいっぱい詰まっていますが、ストーリーのほかに、このような楽しみをちりばめられたのは、何故ですか?


子どもの頃から、小さな絵をちまちま書くのが好きでしたので、その名残りでしょうか。とくに秘密やお楽しみをちりばめているつもりはまったくなくて、私自身の楽しみとしてお話の本筋には影響しない背景部分に、自分の好きなものやちょっとした遊びを勝手に描き込んでいるというのが本当のところです。

例えば「バムとケロのにちようび」のソファの上にかかっている額の絵のように、何度も同じものが出てくると、まったく同じ絵を何回も描くのは大変だし退屈なので、ついちょこちょこっと手を加えてしまうのです。


>>バムとケロの家には、とってもかわいいインテリアグッズや置物がたくさんありますが、島田さんご自身は、小物を集めたりするのがお好きですか? また、実際に絵本に登場している小物のモデルとなったものはありますか?

小物を集めるのは好きですね。家には小さなものがいっぱいあります。絵本の中には実在しないものが多いですが、実際に私が持っているもの、昔持っていたものなども出てきています。小物ではありませんが、ハムスターのとらちゃんは、実際に我が家に住んでいました。残念ながら旅する雑貨屋ではありませんでしたが…。

バムとケロ

バムとケロ >> 今後、どのような絵本を書いていきたいですか?

お話はとても単純で、びっくりするような展開は何も無いけれど、読んでいる人が絵本の中の世界に入って行きたくなるような、思わず頬がゆるんでしまうような、そして何度も読み返したくなるような、そんな絵本を描いていきたいと思っています。


>> 読者の方へのメッセージを一言


「バムとケロのおかいもの」の市場で、ケロちゃん型のボタンを売っているお店があります。さてさて、どこで売っているのでしょうか。よ〜く探してみて下さいね。

いつまでもバムケロたちが、皆さんの友だちでありますように。


````````````````````````````````````
島田 ゆか
www.bamkero.com

````````````````````````````````````
バムとケロ




●島田ゆかさんの絵本・カレンダー
*ブックサービスで購入することができます。

バムとケロのカレンダー2004
バムとケロのカレンダ− 2004
(シール付)
 文溪堂
 1,200円(税別)

●バムとケロシリーズ

バムとケロのにちようび バムとケロのにちようび
 文溪堂
 1,500円(税別)

バムとケロのそらのたび バムとケロのそらのたび
 文溪堂
 1,500円(税別)

バムとケロのさむいあさ バムとケロのさむいあさ
 文溪堂
 1,500円(税別)

バムとケロのおかいもの バムとケロのおかいもの
 文溪堂
 1,500円(税別)


●そのほかの絵本


かばんうりのガラゴ かばんうりのガラゴ
 文溪堂
 1,300円(税別)

うちにかえったガラゴ うちにかえったガラゴ
 文溪堂
 1,300円(税別)

かずのえほん かずのえほん
 文溪堂
 1,300円(税別)


取材を終えて
バムのおおらかで、優しい性格は島田さんゆずり。ケロの茶目っ気たっぷり、いたずらさんは、子ども時代の島田さん? そう思ったのは、記事作成のためのメールのやりとり。ちょっとしたメールにも、優しさ、遊び心があって、メールが来るのを楽しみにしていました。これからも、素敵な絵本を書いて下さいね。

バックナンバー一覧
おもちゃの大工さん 野出正和さん
絵本作家 上野紀子さん
おもちゃ作家 寺内定夫さん


 
About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.