トップページへ初めての方へ困ったときにお問い合せ
前のページへ戻る
孫育て相談室 | 妊娠・出産 | 孫育て | 行事 |

1才2ヶ月になる孫が先日水疱瘡に罹りました。気が付いて6日目になります。熱は最初39度ぐらい出ましたが今はありません。ただ食欲もあまり無く(プリンやヨーグルトは食べます)、元気も無く、母親に抱かれてばかりいます。見た感じだるそうです。救急病院にはいきソビラックスとカチリはもらっています。かかりつけの病院には薬が無くなってから来るように言われていますので、まだ見て貰っていません。このまま、薬が無くなるまでホームドクターに見て貰わなくても良いでしょうか? よろしくご回答ください。

(5人の孫のおばあちゃんから)



私のおすすめ
お孫さんの病気は胸が縮むほど心配になりますね。まして水疱瘡(水痘)は潰瘍のようにみえる水泡が、ひどい場合は身体中にできますから本人も大変つらいです。全部の水泡がかさぶたになったら、治ったと判断できます。


お問い合わせのお子さんの年齢と症状から判断しますと、それほど重症ではないようですね。急性期のお熱がすっかり下がっているようなので、もう少しの辛抱です。食欲がないのは、おなかの中にも病気が出るのが原因ですので、あと数日で回復に向かっていきます。


かかりつけの病院へはお薬がなくなってから受診することで十分です。このお子さんのように、急性期が過ぎて症状が安定している場合、カチリを塗るくらいで、とくに手当てはないので、ほかの子どもへの感染を防ぐ意味でも、かさぶたができたくらいのところで治癒判定をしてもらうといいでしょう。


こどもは病気の程度に正確に、敏感に反応します。プリンやヨーグルトを食べれる食欲があれば、まず心配はありません。むしろ無理に食べさせることは避けたほうがいいようです。



回答:産婦人科医 山縣 威日 先生


山縣威日 院長
現在、質問受付中
山縣威日(やまがた たけひ)
医療法人サン・クリニック院長
1943年、北海道生まれ。1971年、札幌医科大学卒業。日本産婦人科学会認定医、日本東洋医学会認定医、日本母乳の会運営委員。「絆を強めるお産と育児」「女性の価値あるライフサイクル」の啓蒙、母乳育児の推進、子育て支援、孫育て支援、性教育、マリッジカウンセリングなどを通じて地域社会への貢献を目指す。

医療法人サン・クリニックのホームページは、こちら>>


山縣先生の素敵な日記もご覧いただけます。
孫育ての時間
祖父母に贈るはじめての育孫書
孫育ての時間
山縣 威日 中山真由美/編
吉備人出版 1,470円(税込)
>> ブックサービスで購入する
会社概要 , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境
Copyright (C) 2005 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.