トップページへ初めての方へ困ったときにお問い合せ
コラム
前のページへ戻る

産婦人科医 山縣威日先生の「孫っていいものですね」


山縣威日 院長
山縣威日(やまがた たけひ)
医療法人サン・クリニック院長
1943年、北海道生まれ。1971年、札幌医科大学卒業。日本産婦人科学会認定医、日本東洋医学会認定医、日本母乳の会運営委員。「絆を強めるお産と育児」「女性の価値あるライフサイクル」の啓蒙、母乳育児の推進、子育て支援、孫育て支援、性教育、マリッジカウンセリングなどを通じて地域社会への貢献を目指す。

医療法人サン・クリニックのホームページは、こちら>>


山縣先生の素敵な日記もご覧いただけます。
孫育ての時間
祖父母に贈るはじめての育孫書
孫育ての時間
山縣 威日 中山真由美/編
吉備人出版 1,470円(税込)
>> ブックサービスで購入する


おっぱいはいつまで飲ませていいの?

 1年で最も自然界にエネルギーが満ちている春がやってきましたね。

 2才のお孫さんを連れて散歩中の、顔見知りの方にお会いしました。お母さんはお仕事を持っているので、日中はお祖母ちゃんが預かって世話をしているのです。
「あかねちゃん、こんにちは! かわいいね!」などと、少しお話ししていると、「それが先生、こんなに大きくなったのに、まだ、おっぱいがいるんですよ。お母さんがいないときは何も言わないのですが、お母さんが帰ってきたらまずおっぱい。寝るときも必ずおっぱいなんです。もうすこしでお姉ちゃんになるのに、こんなことでいいんでしょうか?」と困った様子です。

 おっぱいをやめることを以前は断乳といいましたが、今では卒乳と呼んでいます。断乳はお母さんやまわりの都合で強制的に止めさせることを、卒乳は子どもが自分で『もう充分』とばかりに自然に飲まなくなることを言います。

 「こころの基地はお母さん」という平井信義先生の有名な言葉がありますが、その基地の秘密の回復エネルギーはおっぱいです。おっぱいを吸うことで昼間のさびしさやつらさをやわらげる作業をします。お母さんもまたお仕事の緊張をとり、やさしい気分になって子どもに語りかけ、子どもはお母さんの優しさを確認します。

 最近の研究で、おっぱいを長く飲んだ子どもほど知能指数が高くなることや、自立が早いことがわかっています。おっぱいを長い間飲んでいることで害になることはありません。また、妊娠したからといって、授乳を止める必要はありません。流・早産の原因にはならないからです。

 そんなことを説明して、「あかねちゃん、おっぱいだいすきだもんね!」とお二人にお別れしました。
ページのトップへ戻る
会社概要 , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.