トップページへ初めての方へ困ったときにお問い合せ
コラム
前のページへ戻る

産婦人科医 山縣威日先生の「孫っていいものですね」


山縣威日 院長
山縣威日(やまがた たけひ)
医療法人サン・クリニック院長
1943年、北海道生まれ。1971年、札幌医科大学卒業。日本産婦人科学会認定医、日本東洋医学会認定医、日本母乳の会運営委員。「絆を強めるお産と育児」「女性の価値あるライフサイクル」の啓蒙、母乳育児の推進、子育て支援、孫育て支援、性教育、マリッジカウンセリングなどを通じて地域社会への貢献を目指す。

医療法人サン・クリニックのホームページは、こちら>>


山縣先生の素敵な日記もご覧いただけます。
孫育ての時間
祖父母に贈るはじめての育孫書
孫育ての時間
山縣 威日 中山真由美/編
吉備人出版 1,470円(税込)
>> ブックサービスで購入する


甘えと甘やかし

 今年の日本は直撃台風をはじめ、浅間山噴火、中越地震と天変地異が多 いですね。被害に遇われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 先日2才のお兄ちゃんを連れて産後1ヵ月健診に来られたお母さんが、何かでだだをこねている子を見ながら、「ホントに困るんです。おばあちゃんたちが甘やかせるものですから、私のいうことなどちっとも聞きません。扱いに困ると、決まって親の躾がなってないと責められます」と少しつらそうに訴えられました。

  お兄ちゃんはおばあちゃんたちが大好きのようです。家ではお兄ちゃんだからといって我慢させられることが多く、赤ちゃんがえりもあってお母さんに甘えようとしても、なかなかやさしくしてあげられません。おばあちゃんたちが来ると、ここぞとばかりべったりと傍にくっついて離れません。おばあちゃんも嬉しそうで、抱っこをしたり、本を読んであげたり、子どもがおしゃべりすることを辛抱づよく聞いてあげたりします。ここまでは子どもの“甘え”です。そしてそれに応えて、子どもと一緒にその時間を楽しむことが、「子どものこころのオアシス」になります。

 ところが、お菓子やおもちゃを子どもの欲しがるまま買い与えたり、お母さんなどがいけないということを、子どもがかわいそうだと、かばったりすると“甘やかし”になります。

 甘えを受け入れてあげるのはこころの豊かさにつながりますが、甘やかしは自立心を損ない、こころの弱さを作ってしまいます。子どもの成長の中で、上の子どものこころのトラウマ(とらわれ)は非受容といわれます。そうならないために、甘えを受け入れてもらう体験はとても大切になります。甘やかしにならないよう、心がけたいですね。
ページのトップへ戻る
会社概要 , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.