トップページへ初めての方へ 困ったときにお問い合せ
前のページへ戻る

産婦人科医 山縣威日先生の「孫っていいものですね」


山縣威日 院長
山縣威日(やまがた たけひ)
医療法人サン・クリニック院長
1943年、北海道生まれ。1971年、札幌医科大学卒業。日本産婦人科学会認定医、日本東洋医学会認定医、日本母乳の会運営委員。「絆を強めるお産と育児」「女性の価値あるライフサイクル」の啓蒙、母乳育児の推進、子育て支援、孫育て支援、性教育、マリッジカウンセリングなどを通じて地域社会への貢献を目指す。

医療法人サン・クリニックのホームページは、こちら>>


山縣先生の素敵な日記もご覧いただけます。
孫育ての時間
祖父母に贈るはじめての育孫書
孫育ての時間
山縣 威日 中山真由美/編
吉備人出版 1,470円(税込)
>> ブックサービスで購入する


安心できるのはだあれ?

 
ある日産後のお母さん方を回診していました。二人目を産んだお母さんに、「お兄ちゃんは元気にしてる?」とたずねますと、「ええ、主人のご両親がよく面倒見てくれています。夜も主人ではだめで、おばあちゃんが寝かしつけに来てくれているようです。今日はつれて帰ろうかなと言われていました」と答えてくれました。

ご両親は私もよく知ってる方で、孫育てセミナーに2度もこられるほどお孫さんをかわいがっています。二人目の子育てはほとんどの方が上の子に手を焼きます。このとき近くに祖父母がおられる方は幸いです。子どもにとって両親はいつもやさしい存在とは限りません。もちろん一番大好きで、安心できるのはお母さんでしょうが、次にか、あるいはそれ以上に安心できるのが、近くにいるおばあちゃんやおじいちゃんです。

普段から親しんでいると、下の子の出産や子育てにお母さんや家族の意識が集中し、さびしくつらい思いを味わう上の子にとって、おばあちゃんの胸はまさに母の胸に勝るものがあるでしょう。

「おばあちゃんとはいい関係のようですね」と話を続けますと、「もうお任せです。たくさんのことを知っているおばあちゃんのほうが安心ですもの」と当然とばかりに、にっこり笑って答えられました。おばあちゃん、おじいちゃんの役割を十分に発揮するには、普段から孫とよく遊ぶことはもちろんですが、お母さんのこんな気持ちも大切ですね。
ページのトップへ戻る
会社概要 , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境
Copyright (C) 2005 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.