ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
コラム
おもちゃ

おもちゃ大好き!! 木のおもちゃ WoodWarlock 齋藤直之

▲ おもちゃのトップへ

遊びを育てる、大人の我慢

子どもといっしょに遊ぶのって、結構難しいものです。危なっかしい手つきで、もたもたしている姿を見ると、「あーでもない。こーでもない」「違うだろ、それは、こうやるんだよ」なんて、子どもの遊びについつい口を挟んでしまいがちです。

でも、子どもといっしょに遊ぶ時に大人に求められるのは、「教えること」ではなく、「きっかけ」を与えること。「きっかけ」を与えたらあとは、我慢あるのみ。出でかかった言葉を飲み込み、だしかかった手を引っ込めて見守る。そして、子どもの作ったものがへたくそでも、おもしろくなくても、「上手にできたね」「すごいねぇ」と、褒め称える。

コレができれば、バッチリですが、「きっかけ」を与えることが苦手と言う人は、自分が子どものおもちゃで遊んでしまいましょう。親がやっていることは、子どもは何でも興味津々。子どもはそばに寄ってきて、手を出してきますよ。そうそう、これがまさに遊びの「きっかけ」作り。子どもが手を出してきたときは、邪魔せず子どもの思うように。口や手を、どうしても出したくなってしまう人にもおすすめです。

大人は「我慢」子どもは「のびのび」。この方程式が成り立てば、子どもたちの遊びの世界はどんどん広がり、自分で考える力もついてくることでしょう。子どものためと思って言った一言が、子どもたちから「遊び」と「気づき」、しいて言えば「学び」までも奪いとってしまっていたんですね。遊びは、親の我慢と子どもの知恵比べといったところでしょうか。
遊びを育てる、大人の我慢
ちえの木の実外観 齋藤直之さんプロフィール

木のおもちゃWoodWarlockの店長。
2000年、巣鴨に「木のおもちゃ WoodWarlock」をオープン。
子どもたちが楽しく、そして長く使えるおもちゃを提案。

「木のおもちゃ WoodWarlock」HPへ


About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.