ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
おもちゃ
フレーベル積木
フレーベル積木

フレーベル積木

フレーベル積木
補充積木(小) 16,800円(税込)

フレーベル積木
フレーベル積木(小)
ドイツ・デュシマ社
18,690円 (税別)
購入する
>> 購入方法
【商品詳細】
基尺 10/3cm(約33mm)3個で10cmになるサイズ
100ピース入り
有名なドイツの教育者フレーベルの考えを基に、デュシマ社が1952年から作り続けているシリーズです。フレーベル積木(小)には7種類の基本パーツがあります。

つみ木には基尺(※)がありますが、デュシマ社のフレーベル積木は立方体のものを3個並べると10cmになるように作られています。これは、子どもがつみ木を持ったときに、手の中に収まるぐらいの大きさです。小さめでも精度や基尺の正確さに優れているので、お子さんが手先を使って高く積んで遊ぶ時にもぐらつかず、しっかりと積むことができるので、達成感が味わえるようです。

つみ木遊びが初めての小さなお子さんには、まず大人が積んであげてそれを崩す遊びから始めるととっても楽しく遊べるようです。遊んでいるうちに、1個、2個とだんだんと自分でつめるようになってくるでしょう。

また、小さなお子さんにとっては、一度にあまりたくさんのパーツを与えられても戸惑ってしまうことがあります。お子さんが、一つ一つの基本パーツの形や特徴を理解しながら組んでいくには、100ピースくらいが丁度いい量でしょう。

種類も7種類。形や大きさの違いを発見して、組み合わせを楽しむのに最適です。たっぷりと遊んで、つみ木を買い足したくなったら、大きさや高さを作りやすいレンガ型のつみ木が96個入っている「補充積木」などを補充することができます。必要に応じてつみ木の種類や数を足せることも、このつみ木の魅力です。

※つみ木の基尺について
つみ木には、「基尺」といって、そのつみ木の基本となるサイズが、決まっています。同じ基尺のつみ木は積みやすいのですが、3.3㎝の基尺のつみ木と4㎝のつみ木が混ざってしまうと、積んだときに高さが合わないなど、積むことが難しくなってしまいます。「基尺」は、メーカーや種類によって異なりますので、つみ木を買い足すときには、「基尺」に注意して、買い足すようにしましょう。


About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2005 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.